プロミスで借入する際に必要な本人確認について

プロミスで借入する際に必要な本人確認について

プロミスのキャッシングを契約する際には必ず本人確認書類の提出が必要となります。
本人確認書類は借り入れ金額に関わらず絶対に必要な書類となっています。

 

本人確認書類としては免許証や健康保険証、パスポートを利用することができます。
これらの書類のコピーをプロミスに提出することによってプロミス側が本人であることを確認するということになります。

 

Web契約の場合、必要書類をスマートフォンアプリを利用して送るか、携帯電話のカメラやスキャナなどで画像化し、指定のメールアドレスに送ればOKです。これが一番楽です。

 

本人確認書類だけでOK?

提出が必要となる書類としてまずは本人確認書類が必要となるわけですが、もし借り入れ金額が50万円以上となるようであれば、本人確認書類とは別に収入証明書の提出も必要となります。

 

外国人の場合は?

外国人の方の場合だとプロミスのキャッシングを利用する条件として永住権があることというものがあります。
ですので永住権を証明するために特別永住者証明書や在留カードが必要となります。

 

ただ永住権があったとしても、外国人の方の場合は日本語の読み書きと会話ができるという条件もありますのでこれもクリアしなければいけません。

 

本人確認書類がない場合は?

理由があって本人確認書類がなくて提出できない、なんていう人もいるかもしれませんが、この場合プロミスとの契約は諦めるしかありません。

 

プロミスは見ず知らずの人にお金を貸すわけで、本人かどうかも確認できない人に貸すわけにはいかないのですから当然ですよね。

 

ですから申し込みをする際にはまず本人確認書類を用意すること、無いという人はまず書類を用意できるようにすることから始めなければいけません。

プロミス申し込み