プロミスでキャッシングするには収入証明が必要?

プロミスでキャッシングするには収入証明が必要?

プロミスのキャッシングを利用するにあたっては連帯保証人というのは必要なく、プロミスと利用者の一対一の契約で借り入れをすることが可能となっています。

 

しかし借り入れする際の希望金額や申し込みをした人の条件しだいでは収入証明の提出が必要となってくるケースもあります。
特に会社員ではなく自営業の方の場合収入証明書や確定申告の写しを提出しなければいけないことが多いです。

 

ですので申し込みをする前にあらかじめ用意しておけば手続きがスムーズに進み、急いでお金が必要という方も安心です。
当然ではありますが、提出することになる収入証明書は最新のものに限られます。

 

収入証明書は50万円以上の借り入れで必要

プロミスでキャッシングをする場合、その金額が50万円以上になる場合には収入証明書の提出が求められます。
逆に言えば50万円未満の借り入れであれば収入証明書は必要ないということになります。
これはどんな職業や雇用形態であっても変わりないですから、主婦や学生の方の場合でも50万円未満の借り入れなら収入証明は不要であり、本人確認書類があれば契約できます。

 

他社との合算で100万円超える場合

すでに他の業者からの借り入れがあるという場合には注意が必要です。
他社からの借り入れを合計して100万円を超えるという場合にはこれもまた収入証明の提出が必要となります。

 

もしプロミスでの借り入れが50万円未満でも合計100万円を超えるなら必要となりますので、例えばA社からすでに60万円の借り入れがあるという状態で、プロミスから40万円借りたいという場合、この際には合計100万円になるわけですから収入証明書の提出が必要となるわけです。
他からの借り入れがなければ40万円なら収入証明は不要というわけですね。

プロミス申し込み