プロミスは既に借り入れがあっても利用できる?

プロミスは他社からの借り入れがあっても利用できる?

プロミスを利用しようという前に、すでに1社2社と他のカードローンで借り入れをしているという方もいるかと思います。
そうなると、他の業者と契約しているのにさらにプロミスと契約することができるのか?という疑問も出てくることかと思います。

 

これについてはまず問題ありません。他社と契約をしていたとしても、プロミスと契約すること自体にはなんら問題もなく、何社と契約していたとしてもプロミスに契約を断られるということはありません。

 

ただ、借り入れの内容次第ではダメになるケースもあるので注意しましょう。

 

総量規制の範囲内ならOK

プロミスは消費者金融であり、貸金業法の範囲内になります。
貸金業法では総量規制という決まりがあり、年収の3分の1までしか借りることができないようになっています。

 

ですから、他の業者からの借り入れがすでにある場合、その金額とこれから借りたい金額の合計が総量規制の範囲内である必要があります。

 

すでに借入金額が総量規制の限度に達している場合はプロミスと契約することはできません。

 

借り入れがあると審査では不利?

他社からすでに借り入れがあるという場合は審査ではマイナスになってしまうという噂もありますが、基本的には問題はありません。

 

しかし、これはきっちりと期日までに返済しているということが前提です。
返済に遅延があったり延滞しているなんていう場合はそういった情報も筒抜けですので審査ではマイナスに査定されます。

 

借り入れがあると限度額は低くなる?

すでに他社からの借り入れがあるという場合には、先ほど述べた総量規制という法律があるわけですからその範囲内でしか借りられないので当然限度額もその範囲内でしか設定されないことになります。

 

ですからこれは限度額を低くされてしまうというよりは、法律上その金額までしか借りられない、ということですね。

プロミス申し込み